クラウドセールスが販売しているAEDの「サマリタン 350P」の特徴と評判とは

街中でもよく見かけるようになったAEDですが、複数のメーカーが機器を発売しているのはご存知でしょうか。
AEDは「自動体外式除細動器」の略で、心室細動を起こした人に電気ショックを与えることで、心臓のリズムを正常に戻すための医療機器です。
AEDは機種ごとに値段も耐用年数も違うため、購入するときはよく比較して選んだ方が良いと言えます。
今回は、株式会社クラウドセールスが販売しているAED「サマリタン 350P」について、詳しく調べてみました。

「サマリタン 350P」の特徴3つ

AED

  • コンパクトで設置場所を選ばない
    「サマリタン 350P」は総重量1.1kgとコンパクトで、同メーカーの従来製品と比べ、立方体の体積に換算して65%もサイズダウンしています。防塵・耐水加工もしているため、気軽に持ち運ぶことができ、設置場所も選びません。オフィス・ビル・マンションなどのエントランスに設置するだけでなく、介護タクシーや建設現場、登山やダイビングなどに携行する場合にも簡単に持ち運ぶことができます。
  • トータルコストを激減
    AEDの費用は、本体価格等の初期費用だけでなく、消耗品も含めた値段で比較しないと、トータルの費用の比較ができません。
    「サマリタン 350P」は、5年保証のAEDが多いなか、耐用年数もメーカー保証期間も8年間となっています。また、電極パッドは2年ほどで交換する機種が多いですが、電極パッドもバッテリーも4年に1回の交換サイクルで済むため、手間も費用もかかりません。AED本体のも低価格なので、低コストでAEDを導入することができます。
  • すぐに使用可能
    「サマリタン 350P」は、ケースに入れたまま操作ができるため、AEDを使用したことのない非医療従事者でも、すぐに使用できます。ケースに入れたままの状態で電極パッドを取り出すことができ、ケース上部から見えるイラストが光って音声とともに操作をサポートしてくれます。音声ガイダンスはもちろん日本語ですので、案内通りに操作すれば初めての方でも簡単に使えます。
    心肺停止が起こったときには、蘇生のチャンスは1分ごとに7~10%減少します。いざというときすぐに使い始められることも重要なポイントです。

サマリタン 350Pの口コミを調べてみました

ダイビングショップを営むA社では、AEDを船舶に乗せて携行しています。AEDは防水対応していない機種もありますが、「サマリタン 350P」は本体に防水加工を施してあるため安心して使えるとのことです。
実際、「サマリタン 350P」の水に対する保護については、「あらゆる方向からの水の直接噴流を受けても有害な影響のないもの」という基準をクリアしています。
また、ケースに入れたまま操作できるため、手が濡れたままでも使いやすいとのことでした。
個人でも購入することができるため、講習を受けたダイバーたちにも勧めているそうです。

また、ビル管理会社のB社では、ビルのエントランスに「サマリタン 350P」を設置しています。他社製品は耐用年数が8年あっても保証期間は5年など、保証がつかない期間が発生してしまうことが多いのですが、保証期間が切れたものを使用するわけにもいかず、結果的に買い替えのスパンが短くなっていたそうです。「サマリタン 350P」は耐用年数と保証期間が一致しているため耐用年数分、最後まで使用することができ、消耗品の交換対応も少なくて済むため、手間がかからなくていいとのことでした。
本体の交換にしろ、消耗品にしろ、年数で割ったときのコストメリットが大きかったそうです。

サマリタン 350Pはおすすめできる?

「サマリタン 350P」は、本体価格が税抜き199,800円と、AEDのなかでは低価格になっています。消耗品の交換代金は1回あたり37,000円なので、合わせて236,800円、耐用年数の8年で割ると1月あたり2,467円の費用となります。月額換算の費用は他社と比べてもお得だと言えるでしょう。
もちろん、一括払いで購入するだけでなく、リースを利用することもできます。
また、オプションの8年保証パックを契約すると、8年のうちに1回ある消耗品の定期交換と使用時の消耗品の交換に追加費用がかかりません。使用頻度が高い場合は、保証パックに加入した方が追加の費用が少なくて済みます。
会社で購入する場合は固定資産扱いとなるため、買い替えは少ない方が色々と手間がかからないのではないかと思います。

まとめ

「サマリタン 350P」には、下記の3つの特徴があります。

  1. 軽量・コンパクトで防塵・防水加工も施されており場所を選ばず設置ができる。
  2. 本体価格が安いうえに耐用年数が8年と長く、耐用年数分の保証がついている。また、消耗品の交換が4年に1度と少なくて済む。
  3. ケースに入れたまま操作でき、音と光で操作をサポートしてもらえるため、簡単に使うことができる。
    特に耐用年数の長さと消耗品の交換期間の長さについては、複数の施設や建物に設置する企業に好評です。最短4営業日以内での納品が可能ですので、導入を考えている方はぜひご検討ください。